2018年04月03日

2018年4月度ゴルフ会員権ニュース

□塩原カントリークラブ(栃木県)期間限定での名義書換料の減額

昨年、民事再生法申請をしていた塩原CCでは、2018年3月1日から2018年9月30日まで特別減額期間として名義書換料を減額する。

(正会員)300,000 円から10,000 円
(平日会員)150,000 円から10,000 円

□鳩山カントリークラブ(埼玉県)民事再生法の申請

鳩山CCを経営する株式会社鳩山カントリークラブは、2018年3月28日にさいたま地裁へ民事再生法の適用を申請した。負債総額は約32億円。過去には2004年9月に民事再生法の適用申請し(負債総額約143億円)、翌5月に再生計画の認可が確定していた。名義書換は4月9日から停止している。

□四街道ゴルフ倶楽部(千葉県)民事再生法の適用申請

四街道GCは2018年4月2日、東京地方裁判所へ民事再生法の適用を申請した。負債総額は約29億円。

四街道ゴルフ倶楽部(千葉県四街道市小名木268)
昭和47年10月に9ホールとして開場し、その後昭和55年10月に18H営業を開始している。総ヤーデージ5,816Y(Back)と距離はないものの、アクセスは南関東自動車道・四街道ICから4kmと都心からのアクセスもしやすいゴルフ場。近隣には麻倉ゴルフ倶楽部がある。
posted by グローバルゴルフ at 16:29| ゴルフ会員権