2018年11月30日

2018年11月度ゴルフ会員権ニュースV

今月のゴルフ会員権ニュースのまとめです。対象コースは埼玉県の武蔵松山と千葉県の立野クラシックになります。

□武蔵松山カントリークラブ(埼玉県)年会費改定

2019年1月1日から年会費を改定する(会計年度1月〜12月)。

年会費
(正会員)36,000円から45,000円
(平日会員)12,000円から20,000円

武蔵松山カントリークラブ(埼玉県東松山市神戸2275-1)
風格ある赤松を始めとする樹木と随所に配置された池が美しい18H。コースはフラットでフェアウェイも広々している。アクセスは関越自動車道・東松山ICから10分圏内とインターからも近く、近隣には高坂カントリーや鳩山カントリー、石坂ゴルフ倶楽部など多数のコースが点在している。

□立野クラシックゴルフ倶楽部(千葉県)女性入会限定の名義書換料無料キャンペーン

2018年12月3日から2019年4月30日まで、女性の入会限定で名義書換料を無料化する。

名義書換料
(正会員)1,000,000円から0円

※法人入会の記名人が女性の場合でも対象
※親族内の書換時に入会者が女性の場合でも対象

立野クラシックゴルフ倶楽部(千葉県市原市中高根1166)
マスターズチャンピオンのベルンハルト・ランガー設計監修による美しい景観の18H。コース内には四季折々の樹木が植えられており、BackTeeからは7,000Y近くある。最寄りの姉崎袖ヶ浦ICと市原ICからは約8q。平和農産工業による経営で、近隣の姉ヶ崎カントリー倶楽部は姉妹コース。
posted by グローバルゴルフ at 14:14| ゴルフ会員権

2018年11月22日

日本国内でのPGAツアー:ZOZOチャンピオンシップ

今週20日、2019年にアメリカPGAツアーが日本国内で開催されるというビッグニュースの発表がありました。これまで近隣アジア(マレーシア、中国、韓国)ではPGAツアーの開催がありましたが、日本国内でPGAツアーが開催されるのは初めてとなります。

大会名は「ZOZOチャンピオンシップ」となり、開催は千葉県の習志野カントリークラブで2019年10月24日から27日の開催になります。

ファッション通販を展開するZOZOTOWNの前沢社長は、今年の9月にスペースXのイーロン・マスク氏と共同で会見を開き、2023年に月を周回する旨の会見を開き話題になりました。同社はファッション通販国内最大手であると同時に、最近では自社ブランドのZOZOを今年になって立ち上げたばかりで、一人一人の体形に合ったカスタマイズが可能となるZOZOスーツの配布などで話題を集めています。

10月1日から社名を株式会社スタートトゥデイから株式会社ZOZOに社名変更したばかりで、プライベートブランドのZOZOの世界展開含め、この度PGAツアーのスポンサーに名乗りを上げたものと思われます。

ZOZOチャンピオンシップの優勝賞金はなんと約2億円、賞金総額も11億円近くという、これまでの日本国内で開催されてきたツアーでは史上最高額のトーナメントとなります。前述の月旅行の件を含め、前沢氏の発表は規格外と言えます。

社長の前沢友作氏は千葉県鎌ケ谷市出身の43歳で、株式会社ZOZOの本社も幕張にあり、最近は千葉ロッテの本拠地も「ZOZOマリンスタジアム」になっています。ファッションやアパレルと聞くと、渋谷や原宿を想起しますが、社長の地元への想いは強いようで、この度第一回の開催コースも習志野カントリークラブとなっています。

アコーディア・ゴルフの習志野カントリークラブ(設計:藤田欽哉)ではこれまで数多くのトーナメントが開催されており、1974年から1997年まではサントリーオープンの舞台になっていました。

アクセスの良い習志野CCでのPGAツアー開催となり、加えて参戦するかはわかりませんが、トーマス、ジョンソン、ローズ、ワトソン、ミケルソン、マキロイ、松山・・・等世界のトッププロを海外のゴルフ場でなく、千葉県のコースで間近で見られるわけですので、来年の10月下旬はゴルフファンにとって大きな注目を集めることになりそうです。

2020年以降の開催コースはまだ発表されておりませんが、ZOZOがスポンサーになりますので、恐らく千葉県のゴルフ場で毎年開催されていくことになりそうです。
posted by グローバルゴルフ at 11:47| 日記

2018年11月20日

2018年11月度ゴルフ会員権ニュースU

□希望丘カントリークラブ(栃木県)名義書換料の改定

2018年11月から名義書換料を改定した。

名義書換料
(正会員)300,000円から200,000円

希望丘カントリークラブ(栃木県芳賀郡茂木町深沢2120番地)

□オリックス・ゴルフ・マネジメントの事業譲渡と一部再出資
オリックス株式会社は、グループ会社のオリックス・ゴルフ・マネジメント株式会社を2019年3月1日にMBKパートナーズに事業譲渡を行う。MBKパートナーズは国内ゴルフ場大手のアコーディア・ゴルフの全株式を取得しており、傘下にしている。

本件に関する詳細はこちら

・オリックス・ゴルフ・マネジメント株式会社(東京都港区芝2-28-8 芝2丁目ビル)
・MBKパートナーズ株式会社(東京都千代田区永田町2-10-3東急キャピトルタワー12F)

□千葉夷隅ゴルフクラブ(千葉県)名義書換料半額キャンペーン延長

現在実施しており2018年12月31日までとしていた名義書換料半額キャンペーンを2019年12月31日まで1年間延長する。

名義書換料
(正会員)800,000円から400,000円
(平日会員)400,000円から200,000円

千葉夷隅ゴルフクラブ(千葉県夷隅郡大多喜町板谷588)
総面積45万坪の丘陵地帯にひろがる東、南、西コース27H。フェアウェイは広々しており、距離もありタフな設定となっている。
posted by グローバルゴルフ at 14:18| ゴルフ会員権

2018年11月12日

2018年11月度千葉県ゴルフ会員権ニュース

今月のゴルフ会員権ニュースについてまとめます。千葉県のゴルフ場で書換料や年会費の改定、経営会社の変更等のニュースをまとめます。

□キングフィールズゴルフクラブ(千葉県)名義書換料の改定

2019年1月から名義書換料を改定する。

名義書換料
(正会員)1,000,000円から1,500,000円

キングフィールズGC名義書換料改定の詳細はこちら

□中山CC(千葉県)名義書換入会預託金の再開

2019年1月から、従来実施していた名義書換時の入会預託金制度を再開する。本年度(2018年1月1日〜12月31日まで)は期間限定で入会預託金制度を停止していた。

入会預託金
(正会員)500,000円
(平日会員)入会預託金なし

中山カントリークラブ(千葉県八千代市桑橋1299)
八千代市市街にあり絶好のロケーションに位置する林間コース。風格ある自然林に囲まれた18Hはレイアウトの評価も高く、フェアウェイはアンジュレーションがあり広々している。クラブハウスからは中山CC名物の吊り橋を渡ってのラウンドとなる。最寄りの八千代緑が丘駅からはクラブバスも運行しており、電車派ゴルファーにも便利なコース。

□レイクウッド総成CC・レイクウッド大多喜CC(千葉県)PGMグループ入り

パシフィックゴルフマネージメント株式会社(PGM)は2018年11月6日、日本土地建物株式会社および株式会社レイクウッドコーポレーションからレイクウッド総成カントリークラブとレイクウッド大多喜カントリークラブの全株式を譲り受ける株式譲渡契約を締結した→ニュース詳細。今後は2019年2月1日からPGMのゴルフ場として運営され、ゴルフ場名も変更するとしている。

※PGMでは既に千葉県内に15コースを保有しているが、今回のレイクウッド総成CCとレイクウッド大多喜CCの取得により、計17コースとなる。レイクウッド大多喜が位置する南房総エリアではムーンレイク鶴舞や最近取得した

□東千葉カントリークラブ(千葉県)年会費改定

2019年1月から年会費を改定する。

年会費
(正会員)30,000円から48,000円
(平日会員)22,000円から34,000円

東千葉カントリークラブ(千葉県東金市滝503)
オリックス・ゴルフ・マネジメントグループでは、今年に入って東千葉CC近隣の富士OGMゴルフクラブ市原コース(千葉県)と富士OGMゴルフクラブ出島コース(茨城県)で年会費の値上げ改定を行っている。
posted by グローバルゴルフ at 10:00| ゴルフ会員権