2019年02月25日

富士小山ゴルフクラブ(静岡県)名義書換料半額キャンペーンの終了

同コースでは開場55周年記念として2017年9月1日から実施していた名義書換料半額キャンペーンを、2019年3月31日をもって終了する。4月以降は従来の名義書換料に変更となる。

名義書換料
(正会員)500,000円から1,000,000円

富士小山ゴルフクラブ(静岡県駿東郡小山町大御神894-1)
昭和37年会場の中村寅吉設計による18H。自然の地形をいかして造成され、フェアウェイも広々としている全ホールから富士山を眺望できる。練習施設も充実しており、富士山を正面にのびのび打ち込めるドライビングレンジは280Yを誇り、バンカー・アプローチ練習場も備えています。キャンペーン期間を通じて、弊社では横浜や川崎在住の方のお問い合わせが多かったです。
posted by グローバルゴルフ at 11:15| ゴルフ会員権

2019年02月08日

2019年2月度ゴルフ会員権ニュース

今月のゴルフ会員権ニュースをまとめます(千葉県、栃木県、山梨県)。

□きみさらずゴルフリンクス(千葉県)会員募集の終了及び名義書換の再開
現在実施している新規会員募集を2019年2月28日に終了し、2019年3月1日から名義書換を再開する。

きみさらずGL名義書換の再開

名義書換料
(正会員)1,000,000円
(平日会員)500,000円

きみさらずゴルフリンクスでは2016年4月1日から会員募集のため、名義書換を停止していた。今回は約3年ぶりの名義書換再開となる。なお、3月1日から現経営会社のオリックス・ゴルフ・マネジメントから日本ゴルフマネジメントに株式会社へ経営が変わる予定。

□鬼怒川カントリークラブ(栃木県)名義書換料と年会費の改定
当コースでは名義書換料と年会費を改定している。

名義書換料
(正会員)300,000円から500,000円(内、20万円は新クラブハウス建設協力金)

年会費
(正会員)30,000円から40,000円

□ヴィンテージゴルフ倶楽部(山梨県)ゴルフ場変更
2016年7月からシャトレーゼグループが17番目のゴルフ場として運営しているヴィンテージゴルフ倶楽部は、2018年12月1日からゴルフ場名称を「シャトレーゼヴィンテージゴルフ倶楽部」に変更している。経営会社シャトレーゼの名前を含めることで、より一層倶楽部を盛り立てたいとしている。シャトレーゼグループでは山梨県内に6コースのゴルフ場を保有しており(都留GC、春日居GC等)、都内には東京国際ゴルフ倶楽部(東京都町田市)を保有している。
posted by グローバルゴルフ at 12:16| ゴルフ会員権