2019年03月28日

2019年3月度ゴルフ会員権ニュース

□白帆カントリークラブ(茨城県)名義書換料への預託金充当制度を延長

現在実施している名義書換料へ預託金を20万円充当できる制度を2020年3月31日まで延長する。

名義書換料
(正会員)300,000円
(平日会員)300,000円

白帆カントリークラブ(茨城県鉾田市半原308-4)
昭和49年開場の林間コース。霞ヶ浦にも近く、コースは比較的フラットな造り。バックからは7,000Y近くあり、2グリーンの周りには多数のバンカーが配置されている。設計は富沢誠造。

□東京五日市カントリー倶楽部(東京都)名義書換料減額期間の延長

現在実施している名義書換料半額期間を2021年3月31日まで2年間延長する。

名義書換料
(正会員)1,000,000円から500,000円
(平日会員)500,000円から250,000円

東京五日市カントリー倶楽部(東京都あきる野市網代745番地)
東、西、南の27Hからなる丘陵コース。コースは、距離こそないものの、アップダウンや池越えなど変化のあるホールが続く。セルフデー以外はキャディ付でのラウンドとなる。木のぬくもりを感じさせるクラブハウスは綺麗で清潔感がある。

tokyoitsukaichi-clubhouse.JPG
東京五日市CCクラブハウス

□児玉カントリー倶楽部(埼玉県)名義書換の再開

2019年4月1日から名義書換を再開する。

名義書換料
(正会員)150,000 円
(平日会員)100,000 円
(特別平日会員)50,000 円

児玉カントリー倶楽部(埼玉県本庄市児玉町秋山3012)
西コース、南コース、東コースからなり広大な敷地に展開する27H。西コースは比較的距離もあり、広々としている。東コースはドッグレッグホールも多くブラインドホールの攻略がスコアメイクの鍵。南コースは距離はないものの、ひらけたホールも多くラウンドしやすい。
posted by グローバルゴルフ at 15:15| ゴルフ会員権