2017年07月19日

上半期買い注文の多かったコース(埼玉県、茨城県)

さいたま梨花カントリークラブ(埼玉県比企郡)
既に名義書換料無料のコースとして定着しつつあるさいたま梨花カントリーですが、入会しやすさもあり、継続的な買いのご登録がございます。上半期は中々売り物件が出てこない状況が続いた時期もありました。クラブハウスは山道を登った標高の高いところに位置しています。初めてプレーされる方は山岳コースのような印象を持たれるかもしれませんが、豪快な打ちおろしホールはあるものの、実際にプレーしてみるとそこまでアップダウンは感じさせません。全18Hレギュラーティからだと6,000Y前半とそれほど距離はありませんが、フェアウェイは比較的広く池越えやドッグレッグなど変化のあるホールが続きます。また、「水と緑と石の調和」をテーマとしており、景観の美しいコースです。最寄りの関越自動車道・鶴ヶ島ICと東松山ICから約30分とインターからやや遠いですがコースまでの下道はそこまで混まないとお伺いしています。近隣には武蔵の杜カントリーや最近名義書換料を減額して注目を集める日本カントリー、また越生ゴルフクラブなどがあります。

大宮国際カントリークラブ(埼玉県さいたま市)
昨年9月末で名義書換料減額キャンペーンが終了し当時の勢いはなくなりましたが、継続的にご購入ご検討される方の登録がございました。アクセスがよく荒川沿いにゴルフ場が密集する大宮地区の河川敷コースですが、このエリアでも最大級の全45Hを誇ります。基本的には手引きカートでの歩いてのラウンドとなりますが、ひばりコースとときコースは乗用カートが導入されています。せきれいコースは荒川と入間川に挟まれた9Hで、バスと船でコースへ向かいます。手引きカートでのラウンドになれていらっしゃらない方もいるかと思いますが、じっくりクラブ選択ができますしふかふかの芝の上を歩いてラウンドするのも気持ちが良いです。コースは河川敷コースのため中盤やや単調になる部分はございますが、それでもホールによっては左右の貫禄ある木々に囲まれ、まるで林間コースでプレーしているような趣もあります。

no2shirasagi-okcc.jpg
しらさぎコースNo.2

ニッソーカントリークラブ(茨城県稲敷郡)
大宮国際カントリーと同じ西山興業グループのコースです。コースは利根川沿いにひろがる河川敷コースですが、Backティからだと7,000Y近くを誇り、池やクリークが随所に配置されているため難易度が高いです。所謂河川敷コースのイメージで臨むと痛い目にあってしまうコースといえます。近年利根川増水の影響を受けてしまいましたが、最近はコンディションも良好になったとメンバーの方からお伺いしています。大宮国際同様手引きカートでのラウンドとなります。ロッジ風のクラブハウスからクラブバスに乗ってコースへ移動します。名義書換料への預託金充当制度が定着したため、名義書換料が実質消費税分の16,000円となり入会しやすくなっています。
posted by グローバルゴルフ at 10:45| ゴルフ場紹介