2018年10月01日

10月に関東近郊で開催されるトーナメントコース(女子ゴルフ)

10月となりトーナメントスケジュールも残り2ヶ月弱となり終盤戦に入ってきましたが、今月開催されるトーナメントのうち、関東近郊のコースをピックアップいたします。

東名カントリークラブ(スタンレーレディスゴルフトーナメント)
10月5日から10月7日の3日間開催。

大会主催のスタンレー電気は自動車照明製品などの自動車機器事業を展開している。今年で30回目を迎え、毎年富士のすそ野にひろがる東名カントリークラブで開催されている。東名CCは愛鷹コース、裾野コース、桃園コースの27H全体的にゆったりとしており、なだらかなアップダウンの打ち上げ、打ち下ろしホールが続く。トーナメントでは裾野コースと桃園コースで開催されている。練習施設も300Yのドライビングレンジをはじめ、アプローチ&バンカー練習場もあり充実している。

toumei-touenno9.JPG
桃園コースNo.9

□東急セブンハンドレッドクラブ西コース(富士通レディース)
10月12日から10月14日の3日間開催

1981年の第一回大会から今年で36回目を迎える。1986年から1997年までは同じ千葉県の浜野ゴルフクラブで開催されていたが、1998年からは東急セブンハンドレッドクラブが会場となり現在に至る。ここ10年は外国人選手が6回優勝(うち2回はテレサ・ルー)している。今年の開催コースは西コース(7,102Y)だが、東コースも7,000Y近くある本格的なチャンピオンコースとなっている。法人接待用のゴルフ場で、会員は法人会員のみ。個人での会員権購入は今のところ行っていない。

□武蔵丘ゴルフコース(樋口久子 三菱電機レディスゴルフトーナメント)
10月26日から10月28日の3日間開催

三菱電機レディスゴルフトーナメントとして1997年まで開催されており、2016年から武蔵丘ゴルフコースで復活したトーナメント。樋口久子氏の功績を称え、トーナメントの中で唯一個人名を冠している。開催の武蔵丘ゴルフコースは、飯能市郊外にひろがる自然豊かな18Hで、西部系列のゴルフコース。名物ホールの17Hは緩やかな下りのミドルホールで、グリーン周りに大きな池が囲まれており美しい景観のホール。Backからは7,000Y近くあり、タフなチャンピオンコース。近隣にも多数のゴルフ場があり、飯能グリーンカントリーや飯能ゴルフクラブなどが近い。
posted by グローバルゴルフ at 14:12| ゴルフ場紹介