2020年07月07日

男子ゴルフもいよいよ開幕

女子ゴルフのトーナメントが6月末のアースモンダミンカップで開幕したばかりである旨は前回当ブログでも取り上げさせていただきましたが、今週は男子ゴルフのエキシビジョン大会「ゴルフパートナー・エキシビション(賞金総額2千万円)」が開幕します。

当初はプロアマ大会として開催される予定でしたが、新型コロナウイルスの影響もあり、本大会はエキシビジョンという位置づけで2日間での開催となります。そのため、本トーナメントの結果が賞金ランキングに反映される訳ではありません。

今回の開催にあたり、出場全96人の選手だけでなく関係者すべてがPCR検査を行い、会場となる取手国際ゴルフ倶楽部全館の消毒も終わっているとのことです。まさに万全の対策を行った上での幕開けとなります。

今回開催されるのは取手国際ゴルフ倶楽部の東コースです。東コースは平成27年11月に開場60周年事業の一環として、日本ゴルフツアー機構の会長である青木功氏の監修によって、ワンベントグリーンなど大きな改造が行われています。6,766Yと距離はそれほどありませんが、トーナメント開催コースとしての技術や戦略が要求されるコースにリニューアルされています。

2日間、インターネット上でのLive配信もある予定で、実質開幕戦ともいえる本大会を楽しみに観戦したいと思います。

取手国際ゴルフ倶楽部(茨城県つくばみらい市板橋2994)
posted by グローバルゴルフ at 13:45| 日記