2019年12月12日

ニッソーカントリークラブ営業再開

10月中旬に日本列島に直撃した台風19号の影響で、約2ヶ月間クローズしていたニッソーカントリークラブですが、明日から営業再開の報がホームページで発表されています(同経営の大宮国際CCは11月15日に営業再開)。秋のゴルフシーズンの真っ只中に、関東を中心に深い爪痕を残した今回の台風被害でしたが、ニッソーカントリーもようやくオープンになります。まだ万全のコンディションとはいかないようですが、営業再開とともに、また会員権の需要が戻ってくればと思っております。

当コースは名義書換料への預託金充当制度を実施しています。正会員の場合には、ご入会申請時に名義書換料22万円(税込)に預託金20万円を充当した場合、実質の名義書換料が2万円(税込)になる制度で、入会時のご負担が大きく軽減される制度となります。

茨城県のゴルフ場ですが、利根川を挟んだ対岸は千葉県で、10月にタイガーウッズが優勝したアコーディア・ゴルフ習志野カントリークラブなども近くに位置します。弊社では千葉県在住の方のご入会が多いコースです。

golf01-nisso.JPG

ニッソーカントリークラブ特設ページ

ニッソーカントリークラブメンバーレビュー
posted by グローバルゴルフ at 16:43| 日記

2019年10月10日

メンバー様の声Y(茨城県)

弊社でお取引頂いた方から寄せられたメンバー様のレビューを、茨城県のコース(茨城ゴルフ倶楽部、かすみがうらゴルフクラブ、宍戸ヒルズカントリークラブ)でまとめました。

茨城ゴルフ倶楽部(茨城県つくばみらい市小島新田)
上田治設計による36Hは東コース、西コースそれぞれがチャンピョンコースとなっており、これまで幾多のトーナメントが開催されてきた県内を代表する名門コース。近年はLPGAツアーのワールドレディスチャンピオンシップ サロンパスカップの開催コースとしても有名。

かすみがうらゴルフクラブ(茨城県かすみがうら市田伏5136)
霞ヶ浦に近く緩やかな起伏に展開する27H。中コース、東コースは林間コースの趣があり、南コースは池が絡むホールも多く景観が美しい。クラブハウスはコンパクトながら、おしゃれな造りとなっている。本年から、オリックス・ゴルフ・マネジメントからの事業譲渡により、かすみがうらOGMゴルフクラブから名称変更した。同時入会やレディース割、U39割等名義化書換料の割引制度ある。

宍戸ヒルズカントリークラブ(茨城県笠間市南小泉1340)
森ビルグループによる経営。2003年から西コースが日本ゴルフツアー選手権の開催コースとなっている。都心からは常磐道でやや距離があるものの、インターからは至近でアクセスしやすい。
posted by グローバルゴルフ at 13:33| 日記

2019年09月30日

メンバー様の声X(埼玉県)

前回に続き埼玉県のゴルフ場(飯能くすの樹カントリー倶楽部、美里ゴルフ倶楽部、リバーサイドフェニックスゴルフクラブ)のメンバーレビューを掲載いたしましたので、ご紹介いたします。

飯能くすの樹カントリー倶楽部(埼玉県飯能市大字小岩井350)
PGMのゴルフ場で、OUTとINの趣が異なり、全く別の表情を見せる18Hです。OUTコースはのびのびドライバーショットを打てるホールがあり、INはフェアウェイが絞られるホールも多くショットの正確性が求められます。最近まで会員募集を行っていましたが、現在は募集口数に達したため募集は行っていません。名義書換料は50万円(税別)となります。アクセスは都心から1時間圏内とアクセスしやすく、近隣には飯能グリーンカントリークラブはじめ、飯能パークCCや東京バーディクラブなどがあります。

美里ゴルフ倶楽部(埼玉県児玉郡美里町大字猪俣3499)
市川造園グループのゴルフ場で、丘陵コースではあるものの、比較的なフラット18Hです。コース管理の良さも定評があり、かつフェアウェイも幅があるためのびのびゴルフを堪能できます。会員権を持つと、隣接の美里ロイヤルゴルフクラブもメンバーとして利用できます。名義書換料は正会員:30万円(税別)。関越自動車道、花園ICからも比較的近いゴルフ場です。

リバーサイドフェニックスゴルフクラブ(埼玉県上尾市大字平方2606-1)
大宮エリアの河川敷コースで、クラブハウスは平成26年にグランドオープンしたばかりです。コースへはクラブハウスからカートで橋を渡ってラウンドします。コースは全体的に広々しており、要所に池やバンカーが配置されています。当コースはご入会時にプレミアム会員をご選択されると、名義書換料が無料となります。系列コースは同じ埼玉県のさいたま梨花カントリークラブがあります。

posted by グローバルゴルフ at 11:16| 日記

2019年08月23日

メンバー様の声V(埼玉県)

弊社に寄せられたメンバー様の声を掲載しております。今回は埼玉県のゴルフ場でコメント頂けたコースを掲載いたします。これから会員権をご検討の方のご参考になれば幸いです。

大宮国際カントリークラブ(埼玉県さいたま市西区宝来910)
no4chidori-okcc.JPG

川越エリアに位置する45Hの大型コース。河川敷コースではあるが、コースはによっては林間コースのような趣もある。基本は手押しカートでのラウンドとなるが、カート乗り入れ可のコースもある。大きなクラブハウスは清潔感がある。

岡部チサンカントリークラブ(埼玉県深谷市山崎600)
no18-okabechisan.JPG

美里コース、岡部コースからなる36H。練習施設も充実しており、雰囲気の異なる本格的な美里、岡部の両コースのプレーが可能。美里コースへは移動バスでクラブハウスから移動してのラウンド。競技会レベルの高さも有名。

川越グリーンクロス(埼玉県川越市大字古谷本郷865-1)
idou-kawagoegreen.JPG

川越エリアにある南、中、北コースの27H。コース経営はPGM。クラブハウスからコースへは船に乗って移動する。コースは河川敷コースながら微妙なアンジュレーションがあるホールも多く、意外にタフな設計となる。都心から一時間圏内に位置し、アクセスしやすいゴルフ場。
posted by グローバルゴルフ at 13:23| 日記

2019年08月05日

渋野選手全英優勝

昨日までテレビ中継されていた全英女子オープンに釘付けだった方も多いのではないでしょうか。夜中の3時前までもつれた優勝争いでしたが、渋野日向子選手が、日本人選手としては42年ぶりにLPGAメジャートーナメントで優勝しました。

過去にメジャータイトル(1977年の全米プロゴルフ選手権)を制した日本人選手は樋口久子氏で、この時の年齢は31歳でした。渋野選手は現在20歳で、昨年夏にプロテストに合格したばかりです。かつ、初優勝は3ヶ月前のサロンパスカップで、今回の全英女子オープンは初海外ツアー参戦での勝利となりました。

最終日は前半ダブルボギーを叩いてしまい、一度は視界が曇りましたが、サンデーバックナインからスイッチが入り、12Hでは果敢にワンオンに挑戦。右側には池が待ち受けるプレッシャーのかかるホールでしたが、結果はぎりぎり池に落ちず、グリーンをキープ。解説は樋口久子氏でしたが、「メジャータイトルを取るのは心・技・体だけでなく、運も必要」と言う彼女の言葉の通りとなりました。

全英といえば、昨年比嘉真美子選手が4位タイとなったロイヤルリザム&セントアンズのように、風の影響を受けやすく多数のポットバンカーが待ち受けるタフな「リンクス」の印象が強いですが、今年の開催場所ウォーバンゴルフクラブは、森の中に作られた起伏に富んだ林間コースだったことも、渋野選手にはよかったかもしれません。日本人選手の予選通過は9名中6名(渋野、横峯、安田、上原、勝、上田)。

女子ゴルフは畑岡奈紗選手を筆頭に黄金世代と呼ばれる20歳前後の選手が多くいますが、今回の渋野選手の優勝により、改めてこの世代の層の厚さを見せてくれました。

来年はこの時期に日本で東京五輪が開催されますし、何といっても42年ぶりで日本人2人目のメジャー制覇ですから、これからの渋野選手の活躍に大きな期待がかかります。
posted by グローバルゴルフ at 14:11| 日記

2019年05月16日

メンバー様の声

過去に弊社でお取引いただいたお客様より寄せられた、メンバー様の声を弊社HPにメンバーレビューとして掲載しております。これから会員権をご購入される方のご参考になるかと思います。最近寄せられたレビューをご紹介いたします。

総武カントリークラブ
inba-sohbu.JPG
総武CC・印旛コース・3番

東名厚木カントリー倶楽部・単独
In-no11-01-tomeiatsugi.JPG
東名厚木CC・INコース・11番

八幡カントリークラブ
nishi07-yawata.JPG
八幡CC・西コース・7番
posted by グローバルゴルフ at 10:04| 日記

2019年03月20日

3月末でキャンペーンが終了するコース

今月末で年会費の年度末を迎えるコースが多くありますが、今回は今月末で名義書換料減額キャンペーンを終了するコースをまとめます。

□大宮カントリークラブ
平成27年4月1日から実施していた新入会員促進キャンペーンが平成31年3月31日をもって終了します。本キャンペーンは特典が2つあり、一つは名義書換料が半額(32.4万円→15万円、税込)となり、二つ目は名義書換料に会員権の預託金を15万円まで充当でき、実質名義書換料無料になる制度でした。弊社でもキャンペーン期間中多くの問い合わせをいただきました。2019年4月からは正会員、平日会員の名義書換料が税込30万円に変更となります。

大宮カントリークラブ(埼玉県さいたま市西区飯田新田40)
都心から1時間以内でアクセスできる河川敷コース。あかつき、みどり、くれないコースの全27Hで、みどりコースはウォーターハザードが絡むホールが多い。大宮の荒川エリアに位置するため、近隣にはノーザンCC錦ヶ原ゴルフ場、川越グリーンクロス、大宮国際カントリークラブなど多数のゴルフ場がある。車だけでなく、大宮駅西口とふじみ野駅東口からクラブバスも運行しているため電車利用の方もアクセスしやすい。

omiya-cc.JPG
※大宮CCコース風景

□富士小山ゴルフクラブ
平成29年9月1日から実施していた名義書換料半額キャンペーンが平成31年3月31日で終了となります。同コースの正会員の名義書換料は通常100万円(税別)でしたが、期間中は50万円に半額となるキャンペーンでした。最寄が御殿場インターチェンジに位置する同コースですが、弊社では期間中横浜市、川崎市にお住いの方のお取引が多かったです。

富士小山ゴルフクラブ(静岡県駿東郡小山町大御神894-1)
中村寅吉により設計された18Hで、全ホールから富士山を眺望できる。Backティからは左右グリーンともに7,000Y近くあり、フェアウェイも広々として14本のクラブを使い分けできるゴルフ場。経営は小田急グループ。
posted by グローバルゴルフ at 12:17| 日記

2019年03月07日

ダイキンオーキッドレディス開幕

プロ野球のキャンプも終わり、早いもので本日からLPGAツアーが沖縄県の琉球ゴルフ倶楽部で開幕します。1988年から本土と沖縄を結ぶ懸け橋としてスタートした歴史あるツアーで、毎年琉球GCで開催されています。毎年LPGAの開幕戦に位置付けられている同ツアーですが、斉藤愛璃が優勝したのはもう7年前で、過去10年を振り返ると外国人選手が7勝(内、アン・ソンジュ2勝、テレサ・ルー2勝)しており、外国人選手がスタートダッシュに成功している傾向にあります。

開幕戦の注目は黄金世代と言われる中でも、アメリカツアーを主戦場としている畑岡奈紗でしょうか。

2019年のLPGAツアーは21都道府県で39試合組まれていますが、関東近郊で開催されるツアーはゴールデンウィークに開催される第一回パナソニックレディス(千葉県・浜野ゴルフクラブ)が初戦となります。
posted by グローバルゴルフ at 12:02| 日記

2019年01月10日

関東近郊で開催予定の2019男子ゴルフトーナメントU

前回まとめた関東近郊で開催されるゴルフトーナメントの続きとなります。6月末の福島県での開催後は、7月、8月は関東近郊でのプロゴルフトーナメントの開催はなく9月上旬の山梨県の開催からとなります。

9月5日〜9月8日:フジサンケイクラシック
富士桜カントリー倶楽部(山梨県)
第一回が1973年と歴史あるトーナメントで、2004年までは埼玉県の高坂カントリークラブや東松山カントリークラブ、女子ゴルフの舞台となっている川奈ホテルゴルフコースで開催されており、2005年から富士桜カントリー倶楽部に舞台が移っています。富士桜CCは標高1000mに位置する高原コースで、大会では7,400Y近くを誇り、距離だけでなくグリーン周りの難易度の高さも特徴があります。当コースの会員権は長年名義書換が停止されており、現在は市場での流通はなされていません。

10月10日〜10月13日:ブリヂストンオープン
袖ケ浦カンツリークラブ 袖ヶ浦コース(千葉県)
昨年は賞金王となった今平周吾が優勝し、前進のブリヂストントーナメントからこれまで47回を誇る歴史あるトーナメントです。袖ヶ浦コースでは1974年から毎年開催されています。

10月24日〜10月27日:ZOZO CHAMPIONSHIP
習志野カントリークラブ(千葉県)
国内ツアーではなく、PGAツアーの日本開催となります。賞金総額は何と11億円というビッグツアーで、4日間予選落ちなし、日本人選手は賞金ランキングトップ7かブリヂストンオープン上位3名、もしくはスポンサー推薦等で8名程度と狭き門となっています。出場選手はまだ確定しておりませんが、海外のトップ選手を間近に見られるチャンスでもあり、アコーディアゴルフと言う馴染みのあるゴルフ場で開催されるとあって、多くの人たちの来場が見込まれるトーナメントです。

11月14日〜11月17日:三井住友VISA太平洋マスターズ
太平洋クラブ御殿場コース(静岡県)
毎年、この時期に太平洋クラブ御殿場コースで開催されるツアー終盤戦のトーナメントです。ここ数年は松山英樹が参戦しており、大きな注目の集まるトーナメントで、昨年は悪天候により54Hでの戦いになりましたが、額賀辰徳がツアー初優勝を飾りました。

12月5日〜12月8日:ゴルフ日本シリーズJTカップ
東京よみうりカントリークラブ(東京都)
12月のシリーズ最終戦となるメジャートーナメントです。昨年は小平智が石川遼、黄重坤をプレーオフで下し初優勝を飾っています。開催は都内の名門東京よみうりカントリーで、井上誠一設計の接待コースで、よみうりランドやよみうりゴルフ倶楽部と併設した丘陵地に位置しています。
posted by グローバルゴルフ at 11:25| 日記

2019年01月08日

関東近郊で開催予定の2019男子ゴルフトーナメントT

本年度、関東近郊のゴルフ場で開催される男子ゴルフトーナメントを前後半に分けてまとめます。今年は何といってもアメリカPGAツアーと日本ゴルフツアー共催で開催され、賞金総額約11億円のZOZO CHAMPIONSHIPに注目が集まります。

5月9日〜5月12日:アジアパシフィック ダイヤモンドカップゴルフ
総武カントリークラブ総武コース(千葉県)
昨年は9月に武蔵カントリークラブ・笹井コースで開催されていたダイヤモンドカップが、今年はPGMの総武カントリーに舞台を変えて開催されます。総武コースはこれまで数多くのプロゴルフトーナメントが開催されており、最近では2015年〜2016年にHEIWA・PGMチャンピオンシップ開催コースとなっていました。総武カントリーはPGMのフラッグシップともいえるコースで、クラブハウスは2011年に立替えられたばかりで、シックで落ち着きがあります。

5月30日〜6月2日:ミズノオープンatザ・ロイヤルGC
ザ・ロイヤルゴルフクラブ(茨城県)
昨年も5月下旬にザ・ロイヤルGCで開催されており、全英オープンへの前哨戦として位置づけられています。ザ・ロイヤルGCは「世界基準」をコンセプトに、ヤーデージは8,000Yを超える本格的なチャンピオンコースです。太平洋に面した鉾田市に位置し、アクセスは東関東自動車道・潮来ICから約30分です。

6月6日〜6月9日:日本ゴルフツアー選手権 森ビルカップ Shishido Hills
宍戸ヒルズカントリークラブ(茨城県)
毎年、宍戸ヒルズで開催されるシーズン初戦のメジャー大会です。2003年から宍戸ヒルズカントリークラブの西コースが舞台となっており、西コースは7,000Yを超えるタフな設定に、池と樹木が戦略性を高めています。

6月27日〜6月30日:ダンロップ・スリクソン福島オープン
グランディ那須白河ゴルフクラブ (福島県)
2014年から新設された比較的新しいトーナメントで、東北にて開催される数少ない男子ゴルフトーナメントになっています。開催のグランディ那須白河はR・T・ジョーンズ・シニア設計で、国内でも数多くのゴルフ場を手がけたロバート・トレント・ジョーンズJr.は息子になります。グランディ那須白河GCでは2005年〜2007年まで女子ゴルフのリゾートトラストレディースの舞台となっていました。

7月以降に関東近郊で開催されるトーナメントについては別途まとめます。
posted by グローバルゴルフ at 15:15| 日記