2019年06月12日

2019年6月度ゴルフ会員権ニュース

□日本カントリークラブ(埼玉県)名義書換料減額キャンペーンの期間延長

現在実施している名義書換料減額キャンペーンを2020年6月30日まで1年間延長する。

名義書換料
(正会員)1,200,000円から600,000円
※平日会員は変更なし

日本カントリークラブ(埼玉県入間郡越生町大谷138)
丘陵コースのOUTと森林コースのINと趣の異なる18H。コース内には数多くのバンカーが配置され、戦略性を高めている。またAグリーン、Bグリーンによってもコース攻略が変わってくる。開場から50年近く経ち、コース全体にて落ち着いた雰囲気があるメンバーコース。近隣には越生ゴルフクラブや武蔵の杜カントリークラブなどがある。

□富士御殿場ゴルフ倶楽部(静岡県)名義書換の再開

民事再生手続き中の富士御殿場ゴルフ倶楽部では、名義書換を2019年6月1日から2019年8月30日まで期間限定で再開する。

名義書換料
(正会員)150,000円
(平日会員)100,000円

【名義書換受付期間】
 令和元年6月1日〜同年8月30日(民事再生計画案提出期限)まで

【名義書換料】 
 正会員   150,000円(税別)
 平日会員  100,000円(税別)

富士御殿場ゴルフ倶楽部(静岡県御殿場市神場1530-2)
今年2月に富士御殿場GC経営のサンユウ産業が民事再生法の適用申請をしている。PGMがスポンサーとなる旨基本合意しており、今後はPGMがスポンサーとして、ゴルフ場事業再生を図っていくとしている。コースは富沢誠造設計の18Hで、ほとんどのコースから富士山を眺めることができる。コースはフラットな林間コース。

□PGM総成ゴルフクラブ(千葉県)名義書換料の改定

今年PGMグループ入りしたPGM総成GCでは7月1日から名義書換料を改定する。

詳細はこちら
posted by グローバルゴルフ at 13:16| ゴルフ場紹介

2018年10月04日

10月に関東近郊で開催されるトーナメントコース(男子ゴルフ)

今週は男子ゴルフトーナメントの開催はありませんが、シーズン終盤となり今月は3つのトーナメントが開催予定です。その中から関東で開催予定の2コースについてピックアップいたします。

横浜カントリークラブ(日本オープンゴルフ選手権競技)
10月11日から10月14日まで。

横浜の市街地の中にある1960年会場の東西36Hの丘陵コース。道路を挟んで戸塚カントリー倶楽部がある。2014年から2016年にかけて、Coore&Crenshawによる全面改修があり、現在は1グリーンとなっている。近年のメジャートーナメントは改修前に2012年実施された日本女子オープン以来6年ぶり。近代化された西コースを中心に開催される今年の日本オープンに向けて、横浜CC西コースでは9月25日から10月15日までコースをクローズしており、日本オープン仕様に向けた準備を進めている。今年は昨年の日本オープンを制した池田勇太を筆頭に、2013年マスターズ覇者のオーストラリアのA・スコットも参戦予定。

□袖ケ浦カンツリークラブ 袖ケ浦コース(ブリヂストンオープン)
10月18日から10月21日まで

1972年から開催されている歴史あるツアーで、袖ヶ浦コースを舞台に毎年秋に開催されている。和泉一介設計の18Hは7,000Yを超える林間コースで、風格ある松林に囲まれたタフなチャンピオンコース。グリーン周りのハザードもさることながら、砲台グリーンへのアプローチショットに神経を使う。昨年は悪天候のため2日間競技となり時松隆光が優勝した。2009年、2010年は地元出身の池田勇太が連覇しており、2011年と2012年は谷口徹が連覇をしている。
posted by グローバルゴルフ at 14:18| ゴルフ場紹介

2018年10月01日

10月に関東近郊で開催されるトーナメントコース(女子ゴルフ)

10月となりトーナメントスケジュールも残り2ヶ月弱となり終盤戦に入ってきましたが、今月開催されるトーナメントのうち、関東近郊のコースをピックアップいたします。

東名カントリークラブ(スタンレーレディスゴルフトーナメント)
10月5日から10月7日の3日間開催。

大会主催のスタンレー電気は自動車照明製品などの自動車機器事業を展開している。今年で30回目を迎え、毎年富士のすそ野にひろがる東名カントリークラブで開催されている。東名CCは愛鷹コース、裾野コース、桃園コースの27H全体的にゆったりとしており、なだらかなアップダウンの打ち上げ、打ち下ろしホールが続く。トーナメントでは裾野コースと桃園コースで開催されている。練習施設も300Yのドライビングレンジをはじめ、アプローチ&バンカー練習場もあり充実している。

toumei-touenno9.JPG
桃園コースNo.9

□東急セブンハンドレッドクラブ西コース(富士通レディース)
10月12日から10月14日の3日間開催

1981年の第一回大会から今年で36回目を迎える。1986年から1997年までは同じ千葉県の浜野ゴルフクラブで開催されていたが、1998年からは東急セブンハンドレッドクラブが会場となり現在に至る。ここ10年は外国人選手が6回優勝(うち2回はテレサ・ルー)している。今年の開催コースは西コース(7,102Y)だが、東コースも7,000Y近くある本格的なチャンピオンコースとなっている。法人接待用のゴルフ場で、会員は法人会員のみ。個人での会員権購入は今のところ行っていない。

□武蔵丘ゴルフコース(樋口久子 三菱電機レディスゴルフトーナメント)
10月26日から10月28日の3日間開催

三菱電機レディスゴルフトーナメントとして1997年まで開催されており、2016年から武蔵丘ゴルフコースで復活したトーナメント。樋口久子氏の功績を称え、トーナメントの中で唯一個人名を冠している。開催の武蔵丘ゴルフコースは、飯能市郊外にひろがる自然豊かな18Hで、西部系列のゴルフコース。名物ホールの17Hは緩やかな下りのミドルホールで、グリーン周りに大きな池が囲まれており美しい景観のホール。Backからは7,000Y近くあり、タフなチャンピオンコース。近隣にも多数のゴルフ場があり、飯能グリーンカントリーや飯能ゴルフクラブなどが近い。
posted by グローバルゴルフ at 14:12| ゴルフ場紹介

2017年07月19日

上半期買い注文の多かったコース(埼玉県、茨城県)

さいたま梨花カントリークラブ(埼玉県比企郡)
既に名義書換料無料のコースとして定着しつつあるさいたま梨花カントリーですが、入会しやすさもあり、継続的な買いのご登録がございます。上半期は中々売り物件が出てこない状況が続いた時期もありました。クラブハウスは山道を登った標高の高いところに位置しています。初めてプレーされる方は山岳コースのような印象を持たれるかもしれませんが、豪快な打ちおろしホールはあるものの、実際にプレーしてみるとそこまでアップダウンは感じさせません。全18Hレギュラーティからだと6,000Y前半とそれほど距離はありませんが、フェアウェイは比較的広く池越えやドッグレッグなど変化のあるホールが続きます。また、「水と緑と石の調和」をテーマとしており、景観の美しいコースです。最寄りの関越自動車道・鶴ヶ島ICと東松山ICから約30分とインターからやや遠いですがコースまでの下道はそこまで混まないとお伺いしています。近隣には武蔵の杜カントリーや最近名義書換料を減額して注目を集める日本カントリー、また越生ゴルフクラブなどがあります。

大宮国際カントリークラブ(埼玉県さいたま市)
昨年9月末で名義書換料減額キャンペーンが終了し当時の勢いはなくなりましたが、継続的にご購入ご検討される方の登録がございました。アクセスがよく荒川沿いにゴルフ場が密集する大宮地区の河川敷コースですが、このエリアでも最大級の全45Hを誇ります。基本的には手引きカートでの歩いてのラウンドとなりますが、ひばりコースとときコースは乗用カートが導入されています。せきれいコースは荒川と入間川に挟まれた9Hで、バスと船でコースへ向かいます。手引きカートでのラウンドになれていらっしゃらない方もいるかと思いますが、じっくりクラブ選択ができますしふかふかの芝の上を歩いてラウンドするのも気持ちが良いです。コースは河川敷コースのため中盤やや単調になる部分はございますが、それでもホールによっては左右の貫禄ある木々に囲まれ、まるで林間コースでプレーしているような趣もあります。

no2shirasagi-okcc.jpg
しらさぎコースNo.2

ニッソーカントリークラブ(茨城県稲敷郡)
大宮国際カントリーと同じ西山興業グループのコースです。コースは利根川沿いにひろがる河川敷コースですが、Backティからだと7,000Y近くを誇り、池やクリークが随所に配置されているため難易度が高いです。所謂河川敷コースのイメージで臨むと痛い目にあってしまうコースといえます。近年利根川増水の影響を受けてしまいましたが、最近はコンディションも良好になったとメンバーの方からお伺いしています。大宮国際同様手引きカートでのラウンドとなります。ロッジ風のクラブハウスからクラブバスに乗ってコースへ移動します。名義書換料への預託金充当制度が定着したため、名義書換料が実質消費税分の16,000円となり入会しやすくなっています。
posted by グローバルゴルフ at 10:45| ゴルフ場紹介

2017年07月06日

ハイグレードなPGMゴルフ場「GRAND PGM」

7月4日にPGMのホームページに、ハイグレードなゴルフ場を選定した「GRAND PGM」ブランドを展開する旨の発表がなされました。対象はフラッグシップコースでもある総武カントリークラブ総武コースはじめ、今年男子ゴルフトーナメントが開催されるPGMゴルフリゾート沖縄など全国8コースが対象となっています。なお、アコーディア・ゴルフでも数年前にトーナメントクオリティのコースを対象に「TROPHIA GOLF」を立ち上げています。

PGMのゴルフ場会員権は弊社でも取り扱いが多く、リーズナブルな名義書換料もあって人気があります。初めてゴルフ会員権をご購入される方が、PGMのコースをご選定されるケースも多いです。全国数多くのゴルフ場を保有するPGMですが、その中から「威厳と品位を兼ね揃えた」ハイグレードなコースを選別してブランド化することで、「より上質で、これまで以上に豊かなゴルフライフを愉しみたい」方々をターゲットにしていくものと思われます。

「GRAND PGM」の対象となる8コースは関東近郊(千葉県1、茨城県4、栃木県2、沖縄県1)のコースを中心に以下となります。

総武カントリークラブ総武コース(千葉県)
長年開催されてきたサントリーオープンはじめ、日本プロゴルフ選手権や日本オープンなどこれまで数多くのトーナメントの舞台となってきた林間コース。昨年はHEIWA・PGM CHAMPIONSHIPの舞台となり、賞金王を競う谷原秀人と池田勇太の緊迫した戦いが繰り広げられました。特徴的な石造りのクラブハウスは2011年に造られたばかりで、名門コースの風格を感じさせます。

美浦ゴルフ倶楽部(茨城県)
ロバート・トレント・ジョーンズ・Jrによって設計された美しい景観のゴルフ場。「リスクと報酬」テーマに随所にハザードが待ち構えている。開場20年で7度のトーナメントが開催されており、1998年には日本女子プロゴルフ選手権(優勝:服部道子)、2003年には日本プロゴルフ選手権(優勝:片山晋呉)の会場となり、近年では第一回と第二回のHEIWA・PGM CHAMPIONSHIPが開催されている。

□千代田カントリークラブ(茨城県)
高低差もそれほどなく、フラットな全27Hの林間コース。オーガスタナショナルゴルフクラブを参考に造られた豪華で大きなクラブハウスは寛げる空間です。常磐道・千代田石岡ICから5分圏内とインターからも近いゴルフ場。

□セゴビアゴルフクラブインチヨダ(茨城県)
スペインをテーマに奇才・デズモンド・ミュアヘッドが設計した個性的な18H。ヨーロッパのお城を想起させるクラブハウスはじめ、各ホールにはフラメンコ、ゲルニカ、イベリア、ピレネー、グラナダ等スペインにちなんだ副題がついている。アクセスは千代田CCにも近く、常磐道・千代田石岡ICから10km圏内。

□ザ・ゴルフクラブ竜ケ崎(茨城県)
名匠・加藤俊輔設計による本格的な林間コース。各ホール風格ある木々にセパレートされ、フラットながら随所にハザードが仕掛けられた18H。2階レストランからはOUTとINの美しい最終ホールを眺望できます。クラブハウス内は大理石が多く使われた重厚な造りです。

gcryugasaki_01.JPG

□プレステージカントリークラブ(栃木県)
東・西ともに距離もあるアメリカンスタイルの全36H。コース内には多数の池が配され、フェアウェイ・グリーンもアンジュレーションが効いています。規模が大きく豪華なクラブハウスも特徴的です。アクセスは栃木ICから5分圏内。

サンヒルズカントリークラブ(栃木県)
本格的な宿泊施設を併設し、アルカリ性単純温泉も堪能できるリゾートコース。木の温もりを感じさせ、プレー後にゆったり寛げるホテルはじめ、ゴルフ場を見渡せるコテージも完備しています。設計は美浦ゴルフ倶楽部と同様ロバート・トレント・ジョーンズ・Jr。PGMによるリース契約運営のゴルフ場です。

□PGMゴルフリゾート沖縄(沖縄県)
今年4月にクラブハウスがリニューアルされたばかりリゾートコース。眼下には青い海を見渡しながらプレーができる。今年11月に開催されるHEIWA・PGM CHAMPIONSHIPに向けてコースも青木功の監修により改造されています。
posted by グローバルゴルフ at 14:41| ゴルフ場紹介

2017年06月30日

PGMゴルフ場の新規会員募集(長太郎CC・鹿島の杜CC)

7月1日(長太郎)からと8月3日(鹿島の杜)から始まるPGMゴルフコースの新規会員募集についてまとめます。

□長太郎カントリークラブ新規会員募集

2017年7月1日から正会員(50口)、平日会員(50口)の新規会員募集を行う。

正会員
募集口数:50口
募集期間:2017年7月1日より募集口数に達し次第締め切り
募集金額:400,000円(税別) ※全て入会金で預託金はなし

平日会員
募集口数:20口
募集期間:2017年7月1日より募集口数に達し次第締め切り
募集金額:200,000円(税別) ※全て入会金で預託金はなし

長太郎カントリークラブ(千葉県成田市奈土1413-1)
広いフェアウェイが特徴的で思い切りドライバーを振りぬく事ができる。成田のなだらかな地に展開する18Hは、谷越えありドッグレッグもあり戦略的です。ショートホールも距離があります。グリーンも比較的早く難しい造りです。練習施設はナイター施設を完備した本格的なもので、プレー後の時間制打ち放題プランなどもあります(詳細コース要確認)。

chotaro_out8.JPG

□鹿島の杜カントリー倶楽部新規会員募集
2017年8月3日から正会員(200口)の新規会員募集を行う。なお、2017年9月1日から募集が終了するまでの間は名義書換を停止する。

正会員
募集口数:200口
募集期間:2017年8月3日より募集口数に達し次第締め切り
募集金額:400,000円(税別) ※全て入会金で預託金はなし
※会員紹介の場合は320,000円

鹿島の杜カントリー倶楽部(茨城県鹿嶋市武井1877-1)
日本一のコースレート77.6を誇る難関コースで特徴的なバンカーが印象的な18H。昨年11月30日からPGMグループのゴルフ場として運営開始しています。総ヤード数は7,730Yになります。
posted by グローバルゴルフ at 16:16| ゴルフ場紹介

2017年01月06日

2016年取引の多かったコース(栃木県&茨城県)

昨年弊社で取引件数の多かったコースを取りあげます。今回は栃木県と茨城県のコースです。鹿沼CCは名義書換料が5万円(税別)とリーズナブルな設定で近隣の方や埼玉県にお住いの方に継続的な人気がありました。ニッソーカントリーは昨年年会費値上げの影響もあって、会員権相場が下落した時期もありましたが、その後は名義書換料への預託金充当制度もあって人気が買い希望の方が入ってきております。

鹿沼カントリー倶楽部(栃木県)
45H(北コース18H、南コース18H、黄金コース9H)を誇る大型コースです。コース開場は東京オリンピック開催の1964年と歴史のあるコースです。広大な敷地に広がる45Hは比較的フラットでドッグレッグや池が絡むホールなど変化のあるコースが続きます。ホール数が多いためメンバーになっても飽きないという評価もあります。東北自動車道・鹿沼ICから4km、約7分とインターから近いゴルフ場です。鹿沼グループのゴルフ場で同じ栃木県内には鹿沼72カントリークラブと栃木ヶ丘ゴルフ倶楽部があります。

□ニッソーカントリークラブ(茨城県)
利根川沿いに展開する18H。河川敷コースではありますが、距離もあり池が絡むホールやドッグレッグのあるホールなどタフなコースです。クラブハウスからコースまでは循環バスを利用して移動します。手引きカートでのラウンドとなるため1日ラウンドすると結構な運動量になります。現在はニッソーCCでは名義書換料(正会員:21.6万円(税別))に預託金(額面)20万円充当できる制度を実施しており、正会員の名義書換料は実質1.6万円になります。昨年4月からの年会費値上がりにより(正会員:1.8万円→2.7万円(税別))会員権相場が下落しましたが、会員権価格下落とともに購入希望者の方も継続して出てきています。利根川カントリーを渡れば千葉県成田市でこのエリアには多数のゴルフ場があります。茨城県のゴルフ場ですが、千葉県に程近くアクセスもしやすいコースです。

かすみがうらOGMゴルフクラブ(茨城県)
昨年12月まで名義書換料減額キャンペーンを実施していたこともあり、入会ご検討の方が多かったコースです。今年の1月からはキャンペーンが終了し、従来の名義書換料(50万円、税別)に戻っております。コースは東、南、中コースの27Hで構成され、大小多くの池がコース内に配置されています。東と中コースは林間コースの趣があり、南コースはアメリカンスタイルで大きな池が広がる開放的なコースとなっています。名義書換料減額キャンペーンは終了してしまいましたが、今後新たなキャンペーンが再開された場合にはまた注目が集まりそうです。
posted by グローバルゴルフ at 15:14| ゴルフ場紹介

2016年10月28日

国内女子4大メジャー開催コース

前回ブログで男子ゴルフ4大メジャー開催コースについてまとめましたが、今回はLPGAメジャートーナメントについてまとめます。先日、高校生の畑岡奈紗選手が日本女子オープンをアマチュアで制して大きな話題となったばかりですが、日本女子オープンは毎年会場を変更して実施されるサーキット方式のメジャー大会です。

【ここ数年開催コースが固定のトーナメント】
・ワールドレディスチャンピオンシップサロンパスカップ(茨城ゴルフ倶楽部)
※2008年までは東京よみうりカントリークラブで開催
・LPGAツアーチャンピオンシップ・リコーカップ(宮崎カントリークラブ)

◆日本女子プロゴルフ選手権コニカミノルタ杯
・2016年:登別カントリー倶楽部(北海道)、優勝:鈴木愛
・2017年:安比高原ゴルフ倶楽部(岩手県)
・2018年:小杉カントリークラブ(富山県)

◆日本女子オープンゴルフ選手権競技
・2016年:烏山城カントリークラブ(栃木県)、優勝:畑岡奈紗
・2017年:我孫子ゴルフ倶楽部(千葉県)
・2018年:千葉カントリークラブ野田コース(千葉県)
・2019年:COCOPA RESORT CLUB白山ヴィレッジゴルフコース QUEENコース(三重県)
・2020年:ザ・クラシックゴルフ倶楽部 キング・クイーンコース(福岡県)

日本女子プロゴルフ選手権は来年50周年にあたり、東日本大震災を風化させないという趣旨のもと東北の安比高原GCでの開催となりました。日本女子オープンは来年再来年と千葉県の2コースでの開催を予定しています。

我孫子ゴルフ倶楽部(2017年:日本女子オープン)
1930年開場の国内でも歴史のある名門コース。コース設計はゴルフ場設計の草分けとされる赤星六郎が手掛けた。2012年にはブライアン・シルバと共同設計者であるカイ・ゴールビーによってリニューアルされています。1グリーンの林間コースに生まれ変わり、コースの特徴でもある深くてアゴのあるバンカー群がコースの難易度を高めています。これまで数多くのトーナメントが開催されており、日本女子オープンの開催は2009年(優勝:宋ボベ)以来。

千葉カントリークラブ(2018年:日本女子オープン)
これまで数々のトーナメントが開催されてきた千葉県の名門コース。野田コースでの日本女子オープン開催は2003年以来(優勝:服部道子)となります。野田コースは本格的な林間コースで戦略性の高いコースとして有名です。野田コース(18H)、川間コース(27H)、梅郷コース(18H)の全63Hからなる大型のコースです。川間コースはカートでのプレーが可能です。安田幸吉設計の梅郷コースでは過去に2回の日本オープンが開催され、今年はパナソニックオープン(優勝:池田勇太)が開催されています。
posted by グローバルゴルフ at 13:39| ゴルフ場紹介

2016年10月27日

国内男子4大メジャー開催コース

男子ゴルフも佳境に入ってきて、今週は兵庫県のABCゴルフ倶楽部でマイナビABCチャンピオンシップが開催されています。ここまで国内ツアーは東北福祉大の先輩、後輩である池田勇太と谷原秀人が激しい賞金王争いをしており、これに昨年賞金王のキム・キョンテが続く形です。11月以降も高額賞金のトーナメントが続くので目が離せない展開になっています。

今回は少し早いですが、来年の国内男子ゴルフメジャー開催コースについてまとめてみます。日本ゴルフツアー選手権(宍戸ヒルズCC)とゴルフ日本シリーズ(東京よみうりCC)は毎年コースが決まっていますので、サーキット方式を採用している日本プロゴルフ選手権と日本オープンを主に取り上げたいと思います。

【ここ数年開催コースが固定のトーナメント】
・日本ゴルフツアー選手権森ビルカップ(宍戸ヒルズカントリークラブ西コース)
・ゴルフ日本シリーズJTカップ(東京よみうりカントリークラブ)

◆日本プロゴルフ選手権大会日清カップヌードル杯
・2016年:北海道クラシックゴルフクラブ(北海道)、優勝:谷原秀人
・2017年:喜瀬カントリークラブ(沖縄県)
・2018年:房総カントリークラブ房総ゴルフ場(千葉県)
・2019年:いぶすきゴルフクラブ(鹿児島県)

◆日本オープンゴルフ選手権
・2016年:狭山ゴルフ・クラブ(埼玉県)、優勝:松山英樹
・2017年:岐阜関カントリー倶楽部・東コース(岐阜県)
・2018年:横浜カントリークラブ(神奈川県)
・2019年:古賀ゴルフクラブ(福岡県)
・2020年:紫カントリークラブすみれコース(千葉県)

日本プロゴルフ選手権は、昨年は埼玉県の太平洋クラブ江南コースで、今年は北海道での開催でしたが、来年は沖縄県での開催となり北から南まで色々なコースでの開催が予定されています。関東近郊のコースでは千葉県の房総カントリーが2年後の開催となります。

日本オープンゴルフ選手権は2年後に神奈川県の横浜カントリークラブ、4年後のオリンピックイヤーには紫カントリーすみれコースでの開催を予定しています。

房総カントリー倶楽部(2018年:日本プロゴルフ選手権)
房総ゴルフ場(36H)、大上ゴルフ場(18H)の計54Hからなる大型のゴルフ場。房総ゴルフ場東コースは7,100Yを超えるタフなチャンピオンコースでファウェイが広々しています。西コースは東コースほど距離はありませんが、地形を活かしたレイアウトになっています。随所にハザードがセッティングされており戦略性の高いコースです。大上ゴルフ場含めメンテナンスも良好で特にグリーンが早いと評判です。また、54Hあるのでメンバーになっても飽きがこないコースです。また、練習施設の充実度もメンバー評価の高い点で、250Yのドライビングレンジはじめアプローチ練習場やバンカー練習場も完備しています。大上ゴルフ場はドライビングレンジは房総ゴルフ場より大きくありませんが、アプローチ練習場はショートコースのような広さを誇ります。最寄りが市原鶴舞ICと茂原長南ICから15分圏内に位置するため、都内からだとやや距離があります。これから2018年に向けてどうコースが変貌していくかも注目です。

横浜カントリークラブ(2018年:日本オープン)
今年の9月に長期間改修工事に入っていた西コースの改修が終わりました。今回の西コースの改修にはアメリカを代表する設計事務所であるクーア&クレンショーが担当しています。日本オープン時には西コースの16Hと東コースの2Hをミックスして開催される予定です。最近では2012年に日本女子オープンが西コースで開催されました。アクセスは横浜市街地の中に位置しており、戸塚カントリー倶楽部と併設されています。2013年1月からの名義書換料値上げ改定以降、ゴルフ会員権相場は下がっておりますが、2018年の日本オープンに向けて注目が集まるゴルフ場です。

○紫カントリークラブすみれコース(2020年:日本オープン)
全体的にフラットな林間コース。Backからは7,000Yを超え、フェアウェイは広々しているものの、随所にバンカーが配置されており気が抜けないレイアウトです。最近ではすみれコースの大幅な改造がなされ、グリーンの大幅改修やクロスバンカーの増設などトーナメント開催も視野に難易度が増しています。改修は全米でも著名なダミアン・パスクーツォ氏とスティーブ・ペイト氏が担当したとの事です。紫CCすみれコースの会員権は市場での流通がなく、譲渡不可の会員権となっています。隣接するあやめコースはセミパブリックながらゴルフ会員権が流通しており、市場で取引されています。
posted by グローバルゴルフ at 15:27| ゴルフ場紹介

2016年10月19日

神奈川県内で書換料がリーズナブルなコースU

前回PGMの秦野カントリーと大秦野カントリークラブを取りあげましたが、今回も同じPGMグループの東名厚木カントリーと伊勢原カントリーを取りあげます。両コースともに現在実施しているキャンペーンでは名義書換料実質20万円以下となっています(東名厚木CCでは名義書換料への預託金充当が可能)。

□東名厚木カントリー倶楽部(神奈川県愛甲郡愛川町三増2607)
都心から1時間圏内の厚木エリアにある全27Hです。コースは山を雛段状に造成されており、標高は高いですが思ったよりもフラットなホールが多いゴルフ場です。OUT、INは比較的フェアウェイは広いです。INの11番Par4は豪快な打ちおろしホールです。WESTコースはファウェイが絞られたり、ドッグレッグがあったりと変化がありOUT、INとは趣が異なります。ホールからは遠くみなとみらいまで見渡すことができます。圏央道が開通したことにより以前よりもアクセスしやすくなりました。最寄りのICは相模原ICから10km約15分、相模原愛川ICから10km約25分です。

東名厚木CCでは名義書換料の減額(36万円→18万円)だけでなく、名義書換料への預託金充当制度(最大10万円まで)も実施しています。本制度の詳細についてはご登録いただいた皆様から良くご質問を頂くため、以下のページに詳細をまとめております。

PGMにて実施の名義書換料への預託金充当制度

東名厚木カントリーの会員権をご購入される方は、地元の相模原市、大和市の方はじめ、東京都では町田市の方のご購入が多いのが特徴です。近隣にお住いの方であれば、有料道路を利用せずにアクセス可能です。

伊勢原カントリークラブ(神奈川県伊勢原市子易132)

広大な敷地に広がる27H(OUT,IN,大山コース)で、昨年10月1日から大秦野カントリーと共にPGMグループ入りしました。コースはアップダウンのある山岳コースで、変化のあるホールが続きます。特にINコースは急な打ち上げ、ブラインド、ドッグレッグ等スリリングなホールが続きます。ホール間の移動がコンベアやゴンドラに乗ったりと初めてラウンドだと新鮮かもしれません。フェアウェイは狭いホールもありますが、メンテナンスはしっかりしており、特にグリーンのメンテナンスは良好です。

PGMグループ入りしてコースの改修も進んでいます。2016年7月からはOUTコースにカートが導入され以前よりもプレーしやすくなりました。OUTコースカート導入に伴い、導線の関係上、IN10番がショートホールに変わったり、最近では大山コースの改修が始まっています。PGMグループ入りして1年が経ち、伊勢原カントリーが今後どう変貌していくのかも楽しみです。

伊勢原カントリーの名義書換料は現在のキャンペーンで正会員・15万円(税別)とリーズナブルに設定されています。

クラブハウス自体は古いですが、ロッカールームがシックな造りにリニューアルされており、お風呂も清潔感があります。2階レストラン隣には中村寅吉ギャラリーも併設されています。アクセスは東名厚木ICから11km、約20分と好立地のゴルフ場です。

clubhouse-isehara.JPG
posted by グローバルゴルフ at 16:21| ゴルフ場紹介