2015年02月27日

2015年下半期に人気があったコースZ(さいたま梨花カントリークラブ)

埼玉県のさいたま梨花カントリークラブは名義書換料無料キャンペーン打ち出して以来、継続的な人気を誇るゴルフ場です。昨年は大宮国際カントリークラブが名義書換料の減額及び預託金充当キャンペーンを打ち出して大きな注目を集めましたが、名義書換料無料をはじめて打ち出したのはさいたま梨花CCです。最近では同じ埼玉県にあり、プレミアム会員制度を打ち出しているリバーサイドフェニックスゴルフクラブはさいたま梨花カントリークラブの系列コースとなります。

さいたま梨花カントリー会員権をご検討の方は、ゴルフ会員権代金+取引手数料(+譲渡通知代行費)+年会費月割精算費用のみとなり、入会時の大きな負担となっていた名義書換料がかからない画期的な内容です。

ホームページに水と緑と石の調和と謳っているように、秩父の山々に囲まれ美しい景観の中プレーすることができます。また、フェアウェイは広々しているため伸び伸びドライバーショットを楽しめますが、池や谷、あるいはバンカーが絶妙な位置に配置されており、考えながらのゴルフを強いられる設計です。多少のアップダウン(豪快な打ちおろし)はありますが、全体的にはそこまできついアップダウンはありません。むしろフラットといえるでしょうか。標高が高いところに位置している為、晴れていれば遠く東京スカイツリー迄眺望できます。

さいたま梨花CCへのアクセスは関越自動車道、鶴ヶ島インターチェンジから約16km・25分、東松山インターチェンジから約17q・25分という立地です。

埼玉県のコースでは下半期人気のあったコースとして第一回に大宮国際カントリークラブを取り上げましたが、はじめてゴルフ会員権を購入される方には名義書換料が無料という画期的な内容を打ち出し、購入総額を抑えてメンバーになることができるさいたま梨花カントリークラブもお勧めしたいコースです。
posted by グローバルゴルフ at 09:12| ゴルフ場紹介

2015年02月20日

2015年下半期に人気があったコースY(東名厚木カントリー俱楽部)

神奈川県の東名厚木カントリー俱楽部は神奈川県の秦野CCなどと並び人気のあるコースです。東名厚木CC近辺には大相模CCや相模野CCあるいは大厚木CCや中津川CCなどゴルフ場が多くあり、都心から一時間圏内のアクセスの良さが特徴です。インターからはやや距離がありますが、有料道路を利用されずアクセスされるメンバーの方は多いのではないでしょうか。弊社で東名厚木カントリー会員権をご購入される方の多くは神奈川県内お住いの方が多いです(相模原市、横浜市、川崎市等)。

コースはOUT、IN、WESTと全27Hを誇ります。OUT、INはひな壇上に展開されており、広いフェアウェイや豪快な打ちおろしなど伸び伸びとゴルフを楽しむことができます。WESTはOUTやINコースと比べると趣が異なりややトリッキーな部分はありますが、正確なショットを要求され1打目の落としどころがスコアメイクの鍵となります。メンバーになられた方にお伺いすると、最近はコースコンディションにも力を入れており良好に保たれているとの事です。また、カートはスコア入力できる最新の機能がついておりコンペ等で利用する際も非常に便利になっております。

tomeiatsugi_2014.JPG

東名厚木カントリー倶楽部は現在PGMの預託金充当キャンペーン(2015年3月末まで)を行っており、通常の名義書換料20万円(税別)に対して、預託金を最大10万円まで充当することができます。東名厚木CCの会員権証券に記載されている預託金金額はばらばらで、譲渡人の証券に記載されている預託金(証券額面)に応じて相場が変動いたします。

そのため、東名厚木カントリー会員権のご購入をご検討されている方には購入総額(会員権代金、実質名義書換料、手数料(+譲渡通知代行費))でご比較されることをお勧めしております。

【単独と共通の会員権の相違について】
東名厚木カントリー俱楽部の会員権は、東名厚木CCのみメンバーとして利用できる東名厚木CC「単独」のゴルフ会員権と山梨県の中央都留カントリー俱楽部もメンバーとして利用できる東名厚木CC「共通」のゴルフ会員権が市場に流通しています。「共通」の会員権の方が「単独」に比べ年会費が高いことと、中央都留CCはあまりプレーされない、という方が多いためか相場は「単独」会員権の方が高くなっております。

単独年会費:38,880円(税込)
共通年会費:51,840円(税込)
posted by グローバルゴルフ at 15:29| ゴルフ場紹介

2015年02月18日

2015年下半期に人気があったコースX(鹿沼カントリー俱楽部)

初回と2回目で西山興業グループの大宮国際カントリークラブとニッソーカントリークラブを紹介させていただきましたが、今回は鹿沼グループのフラッグシップコースともいえる鹿沼カントリー俱楽部を紹介いたします。

鹿沼グループの中では鹿沼72カントリークラブも人気がありますが、やはり鹿沼カントリー俱楽部が最も人気があります。開場から50年以上の歴史があります。人気の要因は色々とありますが(鹿沼グループのサービス品質、インターからのアクセスの良さ等々)、何といっても魅力的な名義書換料(5.4万円、税込)でしょうか。会員数が多いためか相場は一桁台で推移していますが(2015年2月現在)、その分購入総額の負担を抑えることができます。

コースは全45H(北18H、南18H、黄金9H)を誇るため、メンバーになっても各ホールを堪能でき飽きがこないと評判です。グリーンは2グリーンで全体的に小ぢんまりしています。そのため、グリーンを小さく感じられる方もいらっしゃるかもしれませんが、逆にアプローチの精度を高めるにはよい環境になります。クラブハウス含めコース全体に高級感はないかもしれませんが、純粋にゴルフを楽しまれたい方にはリーズナブルにメンバーになることができるコースです。

また、ゴルフを題材にしたヒューマンストーリーである漫画「風の台地」の舞台になったのも鹿沼カントリー俱楽部です。今では名指導者として名高い「風の台地」原作者の坂田信弘プロが研修時代に腕を磨かれた舞台だそうです。このあたりの件は最近リニューアルされた鹿沼カントリー俱楽部のホームページに詳しい解説がありますのでご覧になられてみてください。

アクセスは川口インターチェンジから大よそ1時間圏内。都内からだとやや距離はありますが、埼玉県在住の方で気軽にゴルフを楽しまれたい方、あるいは初めてゴルフ会員権をご購入される方には是非お勧めしたいコースです。良心的なサービス品質で全45Hを堪能できるおすすめコースです。
posted by グローバルゴルフ at 16:14| ゴルフ場紹介

2015年02月16日

2015年下半期に人気があったコースW(富士チサンカントリークラブ)

PGMの富士チサンカントリークラブは静岡県の中でも大変人気があるゴルフ場です。名前の通り、ほぼ全コースから雄大な富士山を眺望でき気持ちよくゴルフを堪能できます。富士コース、白糸コース、駿河コースの全27Hを誇ります。緩やかな南斜面に展開された全27Hは年間を通じて比較的温暖で、斜面に沿って各ホールが打ちおろしであったり打ち上げとなったりしています。しかしながら丘陵コースのようなイメージはなく、斜面も比較的緩やかです。

写真は富士コースのNo.1ロングホールですが、視界が開け伸び伸びとドライバーショットを楽しめます。戦略性はそこまでないかもしれませんが、全体的に各ホールフェアウェイも広いためOBが少なく、富士コースNo.1のように伸び伸びとゴルフを楽しめるコースです。また、各ホールの最終ホールからは富士山の絶景を堪能できるような造りとなっており、晴れていれば素晴らしい眺望を堪能できます。

no1fuji.JPG

富士チサンCCでは現在名義書換料10.8万円(税込)に対して預託金10万円を充当できるキャンペーンを行っています(現時点の発表では2015年3月末までとなっています)。富士チサンカントリー会員権は通常預託金10万円のものがほとんどですので、ご入会者の方は預託金を充当した場合、実質8千円の名義書換料(+会員権代金、取引手数料、年会費月割精算費用)でメンバーになることができます。

アクセスは新東名高速道路・新富士インターチェンジが最寄となっています。

広々としたコースで伸び伸びと富士山の絶景の中でゴルフを楽しむことができ、名義書換料もリーズナブルということもあって2014年下半期に大きな人気を集めました。今後もPGMのキャンペーンが継続されるようであれば、人気が続いていくものと思われます。
posted by グローバルゴルフ at 11:00| ゴルフ場紹介

2015年02月13日

2015年下半期に人気があったコースV(扶桑CC)

前回2015年下半期に人気があったコースとしてニッソーカントリークラブを取り上げましたが、今回は同じ茨城県にある扶桑カントリー俱楽部を紹介いたします。

アクセスは常磐道の水戸インターチェンジから10分圏内のゴルフ場です。三郷ICからですとやや距離はありますが、水戸方面までコースをご検討されている方には是非ご検討頂きたいコースです。

コースは全27Hを誇り、解放感ある東コースはプレーをしていても気持ちよいコースです。南コースは東や西コースに比べるとトリッキーなところがあるかもしれませんが、ブラインドホールが多いため中盤は神経を使うホールが続きます。西コースは、距離はそれほどありませんが正統派のコースと言え、古くからのメンバーの方に人気があるとお伺いしたことがございます。いずれのコースも緑豊かな環境で快適なコースコンディションの中伸び伸びとゴルフを楽しむことができます。

練習場はそこまで本格的ではありませんが、プレー前のウォーミングアップはでき、パッティンググリーンも広さがあります。また、クラブハウスは決して新しくはありませんが、自然光を取り入れた2階レストランも落ち着いていて十分な広さがあります。

扶桑カントリー会員権相場は、会員数が多いということもあるためか一桁台の相場が続いていますが(2015年2月現在)、コースは伸び伸びしておりコンディションも良好な為、都内近郊にこの規模のコースがあれば大変な人気になってくると思われます。

higashi05-fusoh.JPG

名義書換料はこのエリアでは魅力的な10.8万円(税込)というのも人気の大きな要素かもしれません。2014年10月から扶桑カントリー俱楽部で新規会員募集を総額194,400円(※年会費月割精算費用別)で行っておりますが、市場で会員権をご購入頂き、会員権代金+弊社手数料(+譲渡通知代行費)+名義書換料をお支払頂いた方が相場によっては安くなります。新規会員募集が発表された10月以降も弊社でお取引頂きご購入されたお客様いらっしゃいます。また、P-CAP制度を利用されて扶桑CC会員権をご検討されている方は市場で会員権をご購入頂いた方が安くなります。
posted by グローバルゴルフ at 15:15| ゴルフ場紹介

2015年02月12日

2015年下半期に人気があったコースU(ニッソーCC)

前回ブログで大宮国際カントリークラブを紹介させていただきましたが、大宮国際CCとおなじグループの茨城県のニッソーカントリークラブも2015年下半期根強い人気がありました。既に何度も当ブログでも紹介しておりますが、ニッソーカントリークラブは2012年6月1日から入会促進キャンペーンとして、名義書換料(21.6万円、税込)に最大20万円まで預託金充当できるキャンペーンを行っております。入会者の方は名義書換料実質消費税分の1.6万円でメンバーになることができる画期的なキャンペーンです。

利根川に沿って展開される河川敷のコースではありますが、コースレートは72.3と距離もあり非常にタフなコースです。クラブハウスからコースへは循環しているバスで移動します。また、前回ブログでご案内した大宮国際カントリークラブもそうですが、手引きカートで18ホールをプレーします。手引きカートになれていないと夏場はこたえるかもしれませんが、健康的に足腰の強化につながる手引きカートでのプレーも慣れてしまえばなかなか捨てたものではありません。クラブ選択もじっくりできますし、全18H平坦なのでそれほど疲れません。

nisso-cc.jpg

ロッジ風の趣があるクラブハウスはこじんまりとしていますが、雰囲気はアットホームです。純粋にゴルフを楽しみたい方々が集まり、古くからのメンバーの方から最近メンバーになられた方まで和気藹々とした雰囲気があると評判です。また、コースには親子連れのゴルファーが多いとメンバーの方からお伺いしたこともございます。

住所は茨城県稲敷郡ですが、利根川を隔てて成田ヒルズCCや総武CC、習志野CCなどがありアクセスしやすいところに位置しています。都内にお住まいの方がよくニッソーカントリーの会員権をご購入されるのも頷けます。

また、ニッソーCCの場合、正会員だけでなく月曜から土曜までプレーができる「平日会員」、月曜から金曜までプレーができる「週日会員」(※いずれの種別も祝日はプレー不可)も人気があります。

現在入会促進キャンペーン期間中ということもあり、購入総額を抑えて会員権の購入が可能です。初めてのゴルフ会員権購入をご検討の方で、ゴルフの腕前を上げられたい方にはうってつけのコースかと思います。
posted by グローバルゴルフ at 11:43| ゴルフ場紹介

2015年02月10日

2015年下半期に人気があったコースT

昨年2014年下半期に人気のあったコースをまとめます。はじめに取り上げたいのは埼玉県の大宮国際カントリークラブ(埼玉県さいたま市西区宝来910)です。大宮国際CCは昨年6月1日から2015年の9月30日まで入会促進キャンペーンとして名義書換料実質8千円になるキャンペーンを実施しました。発表後の反響は弊社でも大きく、一時は買いのご登録が圧倒的となり大きな人気を誇って現在に至っております。

大宮国際カントリークラブは既に同様のキャンペーンを実施しているニッソーカントリークラブなどとともに、西山興業のグループコースです。先月には同じく西山興業のグループコースである大宮カントリークラブも2015年4月から名義書換料減額および預託金充当キャンペーンを打ち出しており、今後大きな反響を呼ぶことが予想されています。

no2shirasagi-okcc.jpg

大宮国際の大きな魅力は何といっても都心からのアクセスの良さにあります。都心から車で45分、電車も指扇駅から朝は頻繁にクラブバスが運行しています。都内や埼玉県にお住いの方が気軽に近場のコースでプレーを楽しむにはうってつけのコースと言えます。

加えて埼玉県内でも最大級の全45Hを誇りますので、毎回異なるコース(ちどり、しらさぎ、ひばり、とき、せきれい)を楽しむことができます。コースは基本的には手押しカートでのラウンドとなり、今の時代では珍しいのかもしれませんが、コースは平坦ですのでそれほど苦にはなりません。また、とき・ひばりコースでは最近乗用カートが導入されたばかりです。

no4chidori-okcc.JPG

全45H、荒川に沿って展開されており、河川敷のコースと言うこともあり大きな起伏や変化はありません。しかしながら、開場から歴史がありコースを隔てる樹木は大きくホールによっては林間コースのような趣も感じられます。また、メンバーの方のお話では芝コンディションも良好でプレーされていても気持ちがよいと評判です。

大宮国際カントリー会員権に記載されている預託金は20万円〜25万円間の証券が多いですが、キャンペーン期間中の名義書換料108,000円に上記預託金を最大10万円充当することができます(※10万円を充当された場合、新証券の預託金は充当額分減額されます)。

実質消費税額分の8千円でアクセス抜群の大宮国際CCのメンバーになれるということもあり、キャンペーン期間中は根強い人気が続きそうです。
posted by グローバルゴルフ at 14:19| ゴルフ場紹介

2014年12月05日

長太郎カントリープレー記V

これまで2回にわたり長太郎カントリーのOUTコース、INコースについてブログを掲載しましたが、今回は前2回で記載しきれなった長太郎カントリークラブのコースの特徴についてまとめます。

長太郎カントリーの特徴として、まず挙げたいのは練習施設の充実です。クラブハウスを出ると正面に打ちっぱなし顔負けの本格的な練習施設が視界に入ります。打席数も多く距離は300Y近くあり伸び伸びとドライバーを打つことができます。最近屋根とナイター施設も完備され、ラウンド前にじっくりと調整が可能です。打ちっぱなしの横にはアプローチ練習場も完備しており、パッティンググリーンも複数面解放されています。練習施設がこれだけ充実しているゴルフ場もそうないのではないでしょうか。コースの戦略性、コンディションももちろんですが、競技志向のゴルファーを歓迎する長太郎CCの姿勢を感じることができます。

各コース(OUT、IN)の概要については別でまとめておりますのでそれぞれご確認頂ければと存じます。
長太郎カントリーOUTコースまとめ

また、練習施設以外に挙げたいポイントは長太郎CCが誇る高速グリーンです。もともとコースコンディションの良さに定評があったゴルフ場ですが、グリーンメンテナンスもしっかりされています。グリーンが高速というだけでなく、ホールによってはグリーンに微妙な角度がついているため、非常に繊細なパッティングを要求されます。昨今、グリーンを遅くしてラウンド効率を早めるコースも多くなってきましたが、長太郎CCの場合はあくまでプレーヤーの挑戦意欲を掻き立てる、何度でも挑戦したくなる高速グリーンです。

今のところ2014年12月末までと発表されておりますが、長太郎CC会員権ご購入の際は通常の名義書換料(32.4万円、税込)に対して、最大15万円まで預託金の充当が可能となります(充当後は充当額分が減額されます)。詳しくは長太郎CC特集ページご確認頂ければと思いますが、額面を最大15万円まで名義書換料に充当できますので、入会者の方にとっては購入総額が軽減されます。

長太郎カントリー会員権、書換料への預託金充当について

長太郎カントリーへのアクセスは東関東自動車道・大栄インターチェンジからは車で約10分、6キロとインターから近いのも特徴です。東関道は帰りも比較的混みませんので、都心からでも1時間圏内のコースです。練習施設も完備し競技志向のコースでプレーされたい方には是非お勧めしたい千葉県の人気コースです。
posted by グローバルゴルフ at 15:13| ゴルフ場紹介

2014年12月01日

長太郎カントリープレー記U

長太郎カントリークラブについて、前回ブログでOUTコースについてまとめましたが、今回はINコース概要についてまとめてみたいと思います。

no10-chotaro.JPG
※スタートホールのNo.10

スタートホールのNo.10はストレートのロングホールです。1打目は左右に林があり、ドライバーショットが絞られるものの、2打目以降は緩やかな打ち上げで伸び伸びと打てます。癖のないホールで2ndと3rdショットの際、左側に見える大きな樹木が特徴的です。

No.11は400Yを切るミドルホールです。出だしは谷越えですが、うまくドライバーショットを打てれば、No.10同様そこまで癖のないホールです。No.12は200Y近くあるショートホールです。ここまで距離があると1オンもさすがに難しく、加えてクラブ選択を間違えるとグリーンオーバーのリスクもあり難しいショートです。

no12-chotaro.JPG
※距離のあるショートホールNo.12

NO.13は右ドッグレッグのミドルホール(350Y弱)ですが、非常に難しく感じたホールです。右ドッグの為、ドライバーショットを飛ばしすぎると正面の林を超えてしまうこともあり慎重なクラブ選択をする必要があります。プレー当日は右グリーンでしたが、この右グリーンが非常に難しかったです。手前から奥へ登っていく傾斜で、長太郎カントリー名物の高速グリーンも重なり、グリーンの落としどころを間違えるとかなりのパット数になってしまいます。ピン位置にもよりますが、グリーン奥からのパッティングだと想定以上にボールが手前へ下りながら転がり、逆に手前からのパッティングでは弱すぎると傾斜によりボールが戻ってきてしまいます。所謂遅くて平坦な軟なグリーンではありません。グリーン周辺にも4つバンカーが待ち構えており、このホールをうまくまとめられるかどうかでスコアは変わってくるかと思います。

NO.14はNo.13同様右ドッグレッグが続きます。第一打が豪快な打ちおろしで、一転二打目は打ち上げとなります。グリーンはNo.13に比べそこまで難しくありません。

no14-chotaro.JPG
※豪快な打ちおろし、No.14

No.15は180Y近い谷越えショートホール。距離はNo.12より20Y近く短くなりますが、それでも180Y程ありタフなショートホールです。加えて谷越の為、プレッシャーがかかるのではないでしょうか。No.16は緩やかな傾斜のミドルホールですが、グリーンまでストレートな為、オーソドックスなホールと言えます。グリーン手前のバンカーがせり出していますので、その点注意となります。No.17は300Y弱のミドルホールで打ちおろし打ち上げと意外にタフなホールです。2打目打ち上げの際、グリーン周辺のバンカーに要注意です。

最終ホールNo.18はBackからだと600Y近いタフなロングホールです。1打目は左に池を見ながら豪快なドライバーショットを堪能できます。2打目3打目は緩やかな打ち上げとなりますが、距離が残りフェアウェイはそれほど癖がないので距離を稼いでおきたいところです。2グリーンの前には樹木がありますが、4打目は緩やかな打ちおろしとなるため、そこまで難しくありません。
posted by グローバルゴルフ at 16:12| ゴルフ場紹介

2014年11月25日

長太郎カントリークラブプレー記T

先日千葉県の長太郎カントリークラブでプレーをしてきました。プレー本位、競技志向のゴルファーの方に人気がある千葉県のPGMゴルフ場です。整備されたGoodコンディションの中、長太郎CCの高速グリーンを堪能してきました。

長太郎カントリー特集ページ

プレー当日の天気はあいにく晴天ではありませんでしたが、広々したフェアウェイは伸び伸びドライバーショットを堪能することができ、加えて距離もあります。INコースのショートホール(No.12とNO.15)は共に180Y以上の距離があり、ワンオンが難しい設定です。また、左右のドッグレッグホールが多く、コースに変化がありタフなコース設計です。過去に女子ゴルフトーナメントが長太郎CCで開催されていたというのも頷けます。

今回はOUTコースを中心にまとめてみます。OUTコース出だしのNo.1とNo.2で右&左のドッグレッグが続きます。No.1は練習場が左に併設し、大きなフェアウェイに対して思い切りドライバーショットを打ちこむことができ非常に気持ちがよいスタートホールです。ミドルで430Y近くあるため、1打目の落としどころによって、2打目のクラブ選択が変わってきます。グリーンは微妙な傾斜がついており、加えて高速設定の為非常に難しいホールです。何とか2パットでまとめて出だしのスタートを気持ちよく切りたいところです。

NO.2は550Y近いロングホールです。
no2-chotaro.JPG

1打目は左側が谷となっているため、意外にドライバーショットの落としどころは絞られます。2打目以降は90度左にドッグレッグし、緩やかな傾斜の中、距離が残ります。2打目、3打目で距離を詰めていければそれほど難しいロングホールではないかと思います。

No.3の打ちおろしショートホール後はまっすぐに伸びるミドルホールNo.4です。No.4は2打目以降が緩やかな打ちおろしとなります。

NO.5は池越えのロングホールで1stショットをうまく乗り切りたいホールです。

※No.7-OUTグリーンからの風景
no7-chotaro.JPG

No.6のショート、No.7のミドルの後は前面に池が張り出したNO.8のミドルホールとなります。ティーグウンドから池の終わりまで約120Mと距離があるため、No.5同様プレッシャーがかかります。ただ、ティーグウンドからの眺めは大変美しいホールです。

※No.8-OUTティーグランドから
no8-chotaro.JPG

No.9は左右に池があるので、ドライバーショットに注意が必要です。緩い右ドッグレッグで、グリーンが右奥の場合にはフェアウェイキープで堅実に攻めていきたいホールです。
posted by グローバルゴルフ at 15:27| ゴルフ場紹介